ワンブル電池交換の注意点!故障しないように最低限気をつけること!

ワンブル 電池交換

無駄吠え防止装置として人気のワンブルは、安全上の理由から、リチウムイオン電池ではなく、あえて乾電池を採用しました。

ワンブル 電池交換

安全である代わりに、電池交換が必要になるわけですが、その電池交換の際の注意点もあるんです。

 

当記事では、犬の無駄吠え防止装置ワンブルの電池交換にクローズアップしてみました。

ワンブル電池交換の注意点!故障しないように最低限気をつけること!

ワンブル 電池交換

これはとてもシンプルです。

ワンブルの公式サイトで書かれている注意点の画像キャプチャーを用意しましたので、まずはご覧ください(*^▽^*)

ワンブル 電池交換

・・・いかがですか??

ワンブルは精密機器なので注意点がたくさんあるのですが、電池交換に関する注意点は、主に蓋を割らないということでいいと思います。

長時間使用しない時は電池を外す・・・というのは電化製品の常識ですし、電池のプラスマイナスを逆にしない!ということも大丈夫ですよね?(;’∀’)

ワンブルの電池交換において、もっとも気を付けるのは電池の蓋を割らないこと!!

これですね(*^▽^*)

【ワンブル】

 

ワンブルの電池交換で故障した時の対処法!

ワンブル 電池交換

これは予想通り、メーカーのワンブル本舗にメールで相談になります。

ただし!!ワンブルの商品自体に問題があるわけではありませんので、返品対象外!ということは理解しましょう。

キツイ言い方になりますが、ユーザー自身の不注意で電池の蓋を割ったわけですからね。

 

では、電池の蓋はいくらか??

すいません・・・私自身、ワンブルの利用者ですが電池交換に失敗したことがないので、価格が分からないんです(;^ω^)

おそらく数百円で済むと思いますが、問題は送料の方が高い!ということですね。

なんども言いますが、ワンブル本舗の責任ではなく、ユーザーの不注意で蓋が割れているので、送料はユーザーの負担になることは理解しましょう。

 

ちなみに!!ワンブル購入時に安心の1年補償に入っていれば、ウッカリミスで壊した場合も補償対象となります。

電池交換の際に蓋を割ってしまったも、故意ではないわけなので、ちゃんと新品(電池の蓋のみ)に交換してくれるはずです!!

ワンブルの安心の1年補償は落下や水没など、ユーザーのウッカリミスもカバーしてくれるので、本当に安心です!!

永久ではなく1年ですが、精密機関なので、ワンブル購入の際は絶対に加入をオススメしたいですね。

(※犬が噛んだで壊した場合など、安心の1年補償での対象外の場合があるので確認しましょう)

 

ということで、今回はワンブルの電池交換にクローズアップしてみました。

一言で言うと、電池交換の際に蓋を割らないようにしましょう!というのが、注意点ですね(*^▽^*)

参考にしていただけると幸いです!!

 

⇒安心の1年補償の内容はこちらから確認できます!

関連記事

ページ上部へ戻る